泉南乳業のこだわり

素材について

北は北海道から南は九州まで、
全国の生乳販売農業協同組合連合会と連携し、
成分調査や細菌検査などをクリアした、
100%トレースが可能な
生乳だけを仕入れています。
季節を問わず安定した量の
生乳を確保できるのが強みです。

  • 日本全国の牧場から、
    100%トレース可能な生乳を集めています。

  • 各都道府県からの出荷時はもちろん、泉南乳業の工場到着時にも厳しい品質検査を行います。

  • 北海道牛乳や宮崎牛乳といった
    産地指定の牛乳も人気です。

工程について

工場に運ばれた生乳は、放射能測定を含めた
厳しい品質チェックを受けてから加工
および超高温殺菌の工程へ。
そして紙容器や瓶などに充てんされ、金属探知機や
ウェイトチェッカーにかけられた後、出荷されます。

  • ① 生乳仕入れ

    各地の絞りたて牛乳が5℃以下で輸送されます。

  • ② 品質チェック(受入検査)

    厳重な品質検査をクリアした生乳だけをタンクに移します。加工乳は調合を行います。

  • ③ 清浄・均質化

    目に見えない小さなごみなどを取り除き、さらに脂肪球を細かく均質にします。

  • ④ 超高温殺菌

    130℃に熱した金属プレートに2秒間牛乳を通す「超高温殺菌」方式を採用。

  • ⑤ 容器充てん

    牛乳瓶は1時間に2万本、紙パックは1時間に6500~7500本のスピードで充てん。

  • ⑥ 品質チェック(製品検査)

    ウェイトチェッカーや金属探知機を通して、万一の不良品発生を未然に防ぎます。

  • ⑥ 抜き打ちチェック

  • ⑦ 出荷

    スーパーや販売店はもちろん学校、病院へと運ばれます。

FSSC22000 0JQA-FC0005 ISO22000 JQA-FS0068 / ISO9001 JQA-QMA11993 ISO14001 JQA-EM5288

但し、製造所固有記号「SNK」及び瓶詰製品は除く

泉南乳業では平成20年以降、在阪の中小乳業メーカーで最初に、製造過程において細菌汚染のリスクを制御する「ESL製法」を採用し、牛乳の品質保持期限を約10日~2週間にまで延ばすことに成功しました。また、食の安全に関する国際基準「FSSC22000」にもいち早く対応し、24時間365日のセキュリティ管理や工場内の衛生管理などを徹底しています。
ISO/FSSC取得の詳しい情報はこちら

環境保全について

泉南乳業では、ボイラーや高圧受電設備を
省エネ型へ切り替え、年間の消費電力削減に成功。
1日に600トン排出される廃水は、
すべて浄化して河川に流し、その水質チェック結果を
定期的に堺市に報告しています。
そのほか、不要になった紙パックは
専門業者に委託してトイレットペーパーに
再生するなど、廃棄物削減を実現してきました。

  • ISO14001 JQA-EM5288

    環境保全に関する国際規格に対応。
    ISO14001:JQA-EM5288取得

  • 工場全体で消費電力削減に取り組んでいます。
    写真:2016年3月電源装置を省電力電源に交換

  • 堺市とともに、工場周辺道路の緑化にも努めています。