変化する時代の中で、これからも乳業メーカーとして社会に必要な存在であるために
代表取締役 吉田 茂夫

泉南乳業が誕生して以来、約70年。
時代とともに、食の安全は言わずもがな、
環境保全や安定した雇用の創出など、
企業が社会に対して果たすべき責任は
ますます大きくなっています。

これまでも当社は、常に変化する社会のニーズに、
柔軟に対応することをモットーとしてきました。
食の品質に関する世界基準ISO9001、
環境面のISO14001、食品安全のISO22000などを
取得し、その維持・向上に努めているのも、
その意思のあらわれです。

さらに平成24年5月には、国際的に信頼されている、
ワンランク上の食品安全規格
FSSC22000の認証を取得。
安全と品質を脅かすリスクを、徹底管理する
環境づくりに取り組んでいます。

これからも泉南乳業は、
社会で必要とされる存在であり続けるため、
役職員一丸となって、革新を恐れず邁進していきます。

泉南乳業4つの柱

経営 環境 品質 食品安全

経営方針

当社は、企業の総合的な評価を向上し、社会にとって価値ある存在となるために、健全な経営を通じて持続的な成長をめざします。
1.人材の育成、教育・研修の強化
2.安定強固な収益力の構築
3.製品事故の絶無・コンプライアンスの徹底(法令遵守)
4.健全な財務体質の構築

環境方針

当社は、周辺環境への配慮とお客様に満足を与える製品をお届けする事業活動の両立を基本理念として、地域社会への貢献に努めます。
1.すべての業務において、省資源、リサイクル、廃棄物削減、省エネルギーを推進します。
2.環境目的及び目標を設定し、その達成に努め、継続的改善を図ります。
3.関係する環境の法的要求事項、及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、汚染の予防に努めます。
4.この方針は、全従業員に周知させ、社外へも公開します。

品質方針

当社は、
1.食品製造メーカーとして、社会の発展の一翼を担っているという誇りと責任を持ち、製品の品質向上と顧客の信頼を高めることに努める。
2.法令・規制要求事項を含む製品要求事項を満足させることに努める。
3.常に顧客要求事項が満足しているかの観点から、品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善に努める。
4.常に製品の安全と安心を最優先に取り組む。

食品安全方針

当社は、お客様に安心してご愛飲いただけるために、食品の安全性確保と保証システムの世界基準であるFSSC22000認証を取得し、食品安全マネジメントシステムを構築・維持向上させていきます。
食品に関する法令・規制要求事項を満たし、お客様からの要求事項と期待を上回る製品を提供して参ります。
積極的に「安心」「安全」の向上に努め、お客様から永続的に支持される企業を目指して、役職員一丸となって邁進して参ります。

FSSC22000 0JQA-FC0005 ISO22000 JQA-FS0068 / ISO9001 JQA-QMA11993 ISO14001 JQA-EM5288

但し、製造所固有記号「SNK」及び瓶詰製品は除く